Trick and Treat!!

早いもので11月に入ってしまいました!!

そして、個別訫学塾ふらっと、しれ~とブログを開設してみました。


初めての記事は記事なだけに生地がよく出てくる話です。



10月28日(日)

個別訫学塾ふらっとを開校して以来初のイベントを行いました。

今回は、時期的にハロウィンにちなんで…



Trick and Treat を文言に、色の変わるホットケーキの作成・実験(trick?)&試食(treat?)を行いました。他にも、可愛くて、少し怖い軽食や持ち帰りのお菓子も用意させていただき、少し怖がりながらも美味しく食べる子供たちの姿を見せてもらいました。


さて、ホットケーキに隠された謎の概要です。


↑が基本材料です。こちらを用いて、ホットケーキを焼いていきます。


粉類と水を混ぜると、薄紫色の生地ができました。

その後焼くとホットケーキミックスで作った生地はきれいな青色に変化!!

第一段階の変身です。

この時、ホットケーキミックスを使わず、紫芋パウダー、小麦粉、砂糖、水のみだと色は薄紫色のままです。重曹を生地に混ぜると、青色に変わります。


焼きあがった生地に、レモン汁をかけるとピンク色のような薄紫色に変化します。

これが第2段階の変身です!

いっぱいかけると中に染みて、中も部分的にピンク色に。ただ、レモン汁のかけすぎは酸っぱすぎるホットケーキになってしまったようです…(笑)

親子で上手に絵も描いてくださり、可愛いホットケーキもできました。


最後には紫パウダーなしの白色生地も使用して、白・青・紫のアートなホットケーキの作成にも挑戦しました。

とても可愛らしい出来で、感動です、、、一番最後のホットケーキはなんだか怖いですね~笑ハロウィン使用で作ってくれました。




さて、ホットケーキに隠された“謎”は解けましたでしょうか?


紫芋の色素であるアントシアニン色素はpHの変化によって以下のように色が変化します。

中性:紫

酸性:赤色

アルカリ性:青色


ホットケーキミックスや、重曹入りの生地は青色でした。

これは、重曹(炭酸水素ナトリウム)が加熱することによって起きる化学反応(熱分解)によって、炭酸ナトリウムとなると同時に中性からアルカリ性に変わったためです。

そして、レモン汁をかけたことにより、酸性となり、レモン汁をかけた部分のみ薄い紫色に変化しました。

このホットケーキの謎は、中性→アルカリ性→(一部)酸性と変化したことです。


重曹なしの生地は紫色でした。

熱を加えても、pHを変化させる物質が入っておらず、中性のままだからです。

レモン汁をかけるとわかりにくいですが、赤色になります。

このホットケーキの謎は中性→(一部)酸性となったことです。


酸性の時の色の反応は、水溶液で確認すると少し分かりやすくなりました。



動画で乗せたかったのですが、まだブログ初心者でうまく載せられず、断念いたしました。。。Facebookには載せています。


以上、今回のイベントの謎解きでした★


ご来場してくださった皆様、ご協力してくださった皆様、本当に、本当にありがとうございます!!緊張していたので、心が救われました♪

初のイベントで至らない点等々反省しております。

また次のイベントの時に反省点を活かしていきます。

今後とも、個別訫学塾ふらっとを宜しくお願いいたします。